医療専門職の将来性「理学療法士」や「介護福祉士」といった、医療専門職は注目をされています。この2つは、高齢化社会になくてはならないのです。職種として名称は聞いたことがあるけど、実際の仕事内容などは知らない方も多いでしょう。そこで、仕事内容などをわかりやすくお伝えしていきます。【お問い合わせ先】医療専門職の将来性

介護のプロ「介護福祉士」

介護のプロ「介護福祉士」
LINEで送る

介護福祉士の将来性

近年、ニーズの高い介護福祉士は、より高度な知識や技術が求められるようになってきました。介護の職務内容は今、時代と共に見直しが行われています。 高齢化社会が進む日本。将来的にも必要不可欠な介護福祉士の仕事は、教育内容から改革する必要性がでてきています。そのため、養成学校のカリキュラムでは、講義の編成改革によって知識面のベースアップが行われています。新しく取り入れられているカリキュラムの特徴は、実習時間が大幅に増えたことです。介護系の資格のなかでも介護福祉士の資格は、必要性が高い資格として社会的にも認知され、より専門知識を深める狙いがあるのです。
これからの介護業界は、より慌ただしくなっていくでしょう。そして、今以上に介護が重要視される社会になっていきます。そこで予想されるのが、人材不足の問題です。このような問題が起きた場合に、どのように応えていくのかがポイントになってきます。時代と共に、介護業界全般の変革がされ、業務形態から職場環境など色々な面で変化を迎えるでしょう。そして、介護の仕事は量的なものよりも、質の高い介護サポートが必須の時代となります。

現場での仕事内容

介護福祉士の仕事は、介護を必要としている高齢者や障害者の日常生活的なサポートを行うことや相談に乗ることが主です。そのために、介護の専門知識や技術を持っている必要性があります。具体的な仕事内容は、食事や排泄、入浴や移動など生活補助が中心になります。
また、介護サービスの利用者やその家族に適切な介護指導を行うことも仕事に含まれます。利用者の自立や家族の負担軽減に合わせたアドバイスをしていきます。さらに介護サービスの利用者との信頼関係の構築が重要です。コミュニケーションを頻繁に取ることが必要になります。日常的なコミュニケーションがあることで、利用者は職員に親近感を持つようになります。家族以外の人から介助をされることは、とても辛い部分があります。気持ちを和らげて安心していただくために、コミュニケーションを取って距離を縮めていきます。そして、深い付き合いとなり、信頼関係へとつなげていくことが大切なのです。
日々の介護記録を作成することも重要な仕事です。介護サービスで実施した詳細をまとめ、その都度、状況を把握します。そして、介護業務全般を客観的に見ていきます。そこから得た情報を活かして、さらにサービス面の充実を目指すのです。介護福祉士の仕事は、他にも人事に関連する内容があります。求職者の面接や新人職員の育成や管理、実習生への指導などです。さらに、医療機関など関連機関との連絡役としての役割も担っています。

介護福祉士を目指すお手伝い

介護福祉士の仕事は、やりがいを持てて長く働くことができます。そこで大切なのが、国家資格の取得です。資格取得を目指すためにおすすめするアプリを紹介します。資格試験対策に使える「介護福祉士暗記カード+過去問解説付アプリ」と過去問対策サイト「ケアトレ」を、ぜひ活用してみてください。

オリジナルの暗記カードで効率的に勉強できます。オリジナルの問題セットを作成して、苦手な部分を克服しましょう。
介護福祉士暗記カード+過去問 解説付アプリ画像
3年分の過去問題と今年の予想問題で試験対策もバッチリ。無料で利用できて解説もあるのでおすすめです。
ケアトレ画像

2017/09/11

転職を考えているすべての人必見!

給料アップ狙いの転職の注意点
給料アップ狙いの転職の注意点

転職の理由はさまざまです。そのなかで、給料アップを目的とした転職を考える方もいらっしゃるでしょう。給料アップの転職には、注意するポイントがあります。まずは、事前準備が大切です。

自分に合う介護求人が必ず見つかる「きらケア」
お祝い金がもらえる「ジョブデポ理学療法士」