医療専門職の将来性「理学療法士」や「介護福祉士」といった、医療専門職は注目をされています。この2つは、高齢化社会になくてはならないのです。職種として名称は聞いたことがあるけど、実際の仕事内容などは知らない方も多いでしょう。そこで、仕事内容などをわかりやすくお伝えしていきます。【お問い合わせ先】医療専門職の将来性

給料アップ狙いの転職の注意点

給料アップ狙いの転職の注意点
LINEで送る

事前に計算しておくこと

転職で給料アップを考えている場合に、注意すべきことが色々あります。この注意点は転職を成功させるために、事前に把握しておくことばかりです。特に給与面での好待遇を意識する際には重要になります。
まず、福利厚生額を含む経済状況を把握することが必要です。給料アップには、住宅手当や家賃補助などの内容にも注目しましょう。自分が受け取っている給料の詳細をしっかりと把握し、面接時に話せるように準備しておきます。面接時に、年収について質問をされる場合もあるからです。そして、自分の給料の詳しい内容について知らずに過ごしてきた部分が多少あるでしょう。住宅手当や家賃補助など、改めての細かな金額を計算しておくことで、同水準の給料を提示していくことができます。給料アップの交渉は、最初が重要なのです。自分の経済状況を把握することで、転職先から提示された年収が、希望に添うものか判断が付きやすくなるでしょう。
さらに、いくら給料アップしたいのか、はっきりとした金額が示せるようにしておきましょう。同時に、最低限度額もだしておくと良いでしょう。将来的な年収アップ計画を立てるためにも必要です。同じ金額の給料でも、福利厚生や各種補助により、前職よりも実際には好待遇の場合もあります。個人の目指すべきスタイルもありますが、自分自身の生活環境の条件に添うような形で、転職することが重要です。

評価制度と自分のスキル

面接時に評価制度について質問することも大切です。具体的な評価ポイントを聞き、昇給につながるヒントを見つけます。また、「勤続年数何年目の給料はいくら位なのか」など、モデルケースをだして自分でも理解しやすい質問をしましょう。そこでされる返答の内容から、職場の状況を見極めてください。評価制度を知っておくことで、自分の目指す職場なのかどうかがわかります。そして、自分に対して何が求められているのかを知ることもできるのです。
給料のアップを提示するということは、自分を売り込むことと同等です。職場にとってプラスになる人物であることがアピールできなければいけません。自分が給料アップに匹敵するスキルがあることを伝え、その根拠を明確にする必要があります。前職での功績や、今持っているスキルを打ち出せるように準備しておきましょう。

転職エージェントの活用

給料アップのためにすべきことは、前職よりも実質的な給料が増えるようにしっかり考えて転職先を決めることです。実際には、面接時にあまり給料については発言してはいけない雰囲気があるのも実状です。ただ、曖昧にしたまま転職をするわけにはいきません。この場合には、転職エージェントがおすすめです。転職エージェントの担当者が、給料や待遇面の交渉をしてくれます。自分の生活スタイルに合わせた業務形態や、キャリアアップにつながる職場の紹介などのサポート体制も整っています。転職エージェントは、現在では多種多様にあります。医療系の専門職に特化して扱っているところもありますから、活用してみましょう。

2017/09/20

転職を考えているすべての人必見!

給料アップ狙いの転職の注意点
給料アップ狙いの転職の注意点

転職の理由はさまざまです。そのなかで、給料アップを目的とした転職を考える方もいらっしゃるでしょう。給料アップの転職には、注意するポイントがあります。まずは、事前準備が大切です。

自分に合う介護求人が必ず見つかる「きらケア」
お祝い金がもらえる「ジョブデポ理学療法士」