医療専門職の将来性「理学療法士」や「介護福祉士」といった、医療専門職は注目をされています。この2つは、高齢化社会になくてはならないのです。職種として名称は聞いたことがあるけど、実際の仕事内容などは知らない方も多いでしょう。そこで、仕事内容などをわかりやすくお伝えしていきます。【お問い合わせ先】医療専門職の将来性

施設や役職で給料が左右する介護福祉士

施設や役職で給料が左右する介護福祉士
LINEで送る

介護福祉士の平均年収

介護・福祉・医療と、幅広い分野に渡る知識や技術が求められる介護福祉士。専門職であり、介護系のなかでは唯一の国家資格です。取得までには長い時間がかかり、知識も経験も必要です。そのため、介護現場でのリーダーとしての活躍が期待され、即戦力としてニーズの高い仕事です。
ところが、介護福祉士の平均年収は決して高いとは言えません。調査を見てみると、介護福祉士の平均年収は約340万円ほどです。日本人の平均年収が約390万円ほどですので、平均以下となっています。平均年収は、勤めている施設や地域、経験年数、年齢、役職などによっても異なります。一般には、大体250万円から400万円くらいの間です。勤務年数が少ない場合には月収は20万円以下、ボーナスを含めた年収も300万円に満たない場合も多いのが実状です。また、長年勤めている人であっても、年収が400万円を超える人は少数なのです。

役職や経験年数と関連する給料

介護福祉士は、国家資格を持ち専門性が高い仕事です。ですが、勤務年数が浅い場合、決して給料が高いとは言えません。しかし、勤務年数が増えるに従って、ある程度は変わってきます。ほどんどの施設で昇給制度が設けてあります。主任やサービス提供責任者といった役職に就くようになってくると、役職手当がつきます。働き始めた年は少ない給料だったとしても、経験とともに年々増えていくのです。
また、介護の仕事には、夜勤や残業があります。夜勤や残業をすることによって、それぞれの手当が付いて月収が30万円から40万円くらいになるでしょう。ただし、ある程度の責任を持つ役職になった場合、残業手当が付きません。その代わりに、ベースとなる給料が高くなります。例えば、経験年数が10年を超え、サービス提供責任者のようなポジションに就くようになった介護福祉士であれば、年収400万円~600万円程度も可能なのです。

施設によって給料の額に大きな差

経験年数が増え、ある程度の役職に就くようになっても、昇給がそれほど見込めない施設もあります。施設によって、あるいは経営者や母体となる介護事業者によって、給料・年収が大きく左右されます。例えば、同じような介護サービスをしている、同レベルの規模の施設を比較した場合、平均年収が300万円に満たないところもあれば、400万円を超えるところもあります。時間をかけ、努力して取った資格を最大限に活かして仕事を続けていくためには、給料も含め条件の良い職場で働くことは欠かせません。今の職場に将来性が見込めないのであれば、より条件の良い職場に転職するというのも選択肢の1つです。

2017/09/17

転職を考えているすべての人必見!

給料アップ狙いの転職の注意点
給料アップ狙いの転職の注意点

転職の理由はさまざまです。そのなかで、給料アップを目的とした転職を考える方もいらっしゃるでしょう。給料アップの転職には、注意するポイントがあります。まずは、事前準備が大切です。

自分に合う介護求人が必ず見つかる「きらケア」
お祝い金がもらえる「ジョブデポ理学療法士」