医療専門職の将来性「理学療法士」や「介護福祉士」といった、医療専門職は注目をされています。この2つは、高齢化社会になくてはならないのです。職種として名称は聞いたことがあるけど、実際の仕事内容などは知らない方も多いでしょう。そこで、仕事内容などをわかりやすくお伝えしていきます。【お問い合わせ先】医療専門職の将来性

一歩進み日常動作のリハビリをサポート「作業療法士」

一歩進み日常動作のリハビリをサポート「作業療法士」
LINEで送る

作業療法士の将来性

まず結論から言わせていただきますと、作業療法士は将来性のある職種です。作業療法士は身体や精神に障害がある方のリハビリを行います。そのため主な就職先は、病院やリハビリテーションセンター、精神保健センター、児童福祉施設、介護老人保健施設など。作業療法士は様々な場所で活躍しています。 活躍の場が広いことに加え、作業療法士の需要は近年高まっています。昔は正しい知識が浸透しておらず、病気・障害であっても個性とされてきました。しかし今は正しく認識されるようになり、その病気・障害に関する相談、改善のために作業療法士を求める声が増えてきているのです。
また日本は現在、高齢化が進んでいます。そのような中、加齢により起こる機能低下をリハビリで改善に導ける作業療法士は重要な存在と言えるでしょう。さらに作業療法士の知識、スキルは認知症予防にも活かすことができます。今後も需要がなくなることはないでしょう。 しかし今は昔と比べて作業療法士も増えてきています。資格を持っているだけでは安心とは言えなくなってきました。良い職場で働きたいなら、スキルや経験を身につけ市場価値を上げる努力をしましょう。

理学療法から一歩前進した仕事内容

関節を動かすというような基本的な動作のリハビリを担当する理学療法士に対し、作業療法士は日常生活を送る上で必要となる応用的な動作のリハビリを行います。具体的には、食事やトイレなどの応用的動作能力、就労・就学といった社会適応能力を高めるためのリハビリです。もちろんそれらの基本となる、基本的動作能力の向上にも携わります。
作業療法士が担当するリハビリは、同じリハビリであっても身体的なものと精神的なものとでアプローチの仕方が違うことも知っておきましょう。例えば買い物をするという動作。身体的なリハビリが必要な方には歩行訓練を行います。しかし精神的なリハビリが必要な方の場合、歩行自体はできても人と関わるのが怖いなどの理由により外に出れないことがあるのです。そのためその方が何に恐怖を抱いているのか把握し、それの克服もしくは精神的な負担軽減を目指す必要があります。相手によって最も注視する点が異なるため、よく話をして相手のことを知っていくことが重要です。

勉強を後押しするアプリケーション

作業療法士になるためには、作業療法士養成校を卒業し国家試験に合格する必要があります。試験の合格率は7割程度ですが、新卒の合格率が8割程度であるのに対し、既卒は3.5割程度です。既卒の合格率は新卒に比べてがくんと下がります。試験に落ちるとどうしてもモチベーションは下がってしまいますし、試験は年に1回なのでもう一度モチベーションを上げてその状態を維持するのは中々に難しいものそのため、できるだけ新卒で合格すること、万が一落ちてしまった場合はモチベーションを高く維持することが重要だと言えます。
そこでおすすめするのがスマホアプリ「グッピー」です。「グッピー」では過去5年分の作業療法士の国家試験問題を解くことができます。正誤だけでなく解説も付いており、間違えた問題は繰り返し出題されるので頭に入りやすいでしょう。また過去問をすべて解いた方のランキングも表示されます。他の方の頑張りがわかるので、それを励みに自分のモチベーションも上げることができるのではないでしょうか。何より「グッピー」はスマホアプリのため空いている時間にササッと勉強できます。うまく活用して試験合格を目指しましょう。

前述した試験対策の他、就職情報の掲載や求人への応募、スカウトなどのサービスも提供。就職活動に活用できます。
グッピー画像

2019/10/23

転職を考えているすべての人必見!

給料アップ狙いの転職の注意点
給料アップ狙いの転職の注意点

転職の理由はさまざまです。そのなかで、給料アップを目的とした転職を考える方もいらっしゃるでしょう。給料アップの転職には、注意するポイントがあります。まずは、事前準備が大切です。

経験年数で給与が変わる作業療法士
一歩進み日常動作のリハビリをサポート「作業療法士」